サプリメントは飲みませんでしたが積極的に緑色野菜をとるようにしてました。

高齢での妊活スタートでした。主人も同じ年齢です。二人で血液検査などをして機能性不妊といわれました。特にこれといった原因がないということです。先生はストレスが一番の敵だと言ってました。
体外受精などの高度医療はせず、人口受精を何度も繰り返しました。授かるまで1年半位かかったので、毎回生理がくるたびに落ち込んでまたトライするの連続でした。その間に友人が妊娠したり、事情の知らない人からはどうして子供をつくらないのか?と責め立てるような感じで言われたこともあります。何度も何度も悔し涙を流しました。
でもそれで諦めてしまったら授かるチャンスもなくなるし、今までの努力を必ず結果に出さないと一生後悔すると思ってたので同じ妊活している方のブログを読んだりして自分を励ましていました。
人口受精を何回か続けているとストレスなのか、今度こそと気負いすぎるのか、生理が遅れることも度々ありました。そんなときは自分がリラックスできるよう、友達とランチしたり新しい洋服を買ったり映画をみたりして、妊活の事を少しの間でも忘れようとしてました。
妊活中は主人も色々と協力してくれました。男性側も検査をしないといけないのですが、それにも文句も言わず受けてくれました。妊活は先生が指定してくる日に来院するのが鉄則なので、仕事をしている主人には早く起床してもらったり、仕事帰りに病院に行ってもらったりと本当に二人三脚でした。
今妊活中の方、これからの方も言いたい事はただ一つです。決して諦めないでください。必ず努力は報われます。たとえいい結果がでなくても、それまでの努力は自分自身を強くさせ次のステップの活力となるはずです。

Related posts